×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

イントラレーシック手術の概要

イントラレーシック手術の正式名称は、「レーザー角膜屈折矯正手術」です。 イントラレーシックの手術は、治療される人の視力や角膜の厚さにより、その治療方法や費用に違いがあります。手術を受ける場合、2〜3週間前からコンタクトレンズの使用を避けなければいけません。角膜の形状やゆがみなど、正確なデータを得るためです。その他注意点としてイントラレーシックの手術の前日は、入浴、洗髪を済ませておき、飲酒や夜ふかしをしない事ですね。

イントラレーシックの手術を行う時は、目と目の周りの洗浄・消毒をし、目薬タイプの点眼麻酔で局所麻酔をかけます。開瞼器でまぶたを開いた状態で固定し、吸引器具で眼球を動かないよう押さえます。イントラレースFS60レーザーというを照射し、フラップを作成します。

角膜をふた状に覆うフラップにエキシマレーザーを照射して角膜の屈折を調節しますが、この時、焦げ臭い匂いがします。水分や異物など取り除くために洗浄をし、入念に消毒をした後、フラップを元の位置に戻して手術は終わりです。フラップは表面張力の状態になり、自然に接着されます。イントラレーシックの手術を受けている最中に、視界がぼやけたりすることがありますが、術後しばらくすると落ち着きますので心配ありません。

安心な事として手術中は、器具は見えませんし、痛みもありません。加えて術後2〜3時間もすると裸眼で生活可能な視力に回復している筈・・です。先進医療である視力回復手術はスピードも凄いです。

それでも手術ですから恐怖感はあります、若し手術に少しでも不安を覚えたなら他の方法を検討するのも正しい選択です。是非チェックして欲しい情報に視力回復の研究を35年間続けてこられた 視力回復の権威、川村博士が視力回復に救いの手を差し伸べて下さった3分間トレーニングをしてみませんか?

イントラレーシックを行う眼科医

イントラレーシックを受けることができる眼科医は、近年、日本でも増えてきています。勿論イントラレーシックを行ううえで、眼科医選びは重要ですよ。

眼科医だからと言って、必ずしもイントラレーシックを行っているとは限りませんし、医師により向き不向きもあります。眼科医を選ぶ前提条件として、術後のアフターケアまで安心できるという事です。イントラレーシックを実際にどれくらい扱ってきたかという実績も、眼科医を選ぶ時に、参考にすると良いでしょう。

パイオニアと言われる錦糸眼科や圧倒的な症例を誇る品川近視クリニックといったクリニックなら安心してイントラレーシックを受ける事ができるでしょう。大都市で専門のクリックがあれば良いですが、そうでない場合はイントラレーシックを行う眼科医に対して、信頼性や安全性について、安心できるか否かが重要なポイントです。

イントラレーシックを受ける前に、受診する眼科医の手術実績・視力の回復率などを調べると、より信頼性は高まり、安心して手術を受けることができるでしょう。 一つの目安ですがイントラレーシックを受けた後、視力が思うように回復しない場合の、費用などの保障が充実している眼科医は、信頼性・安心性が高いと言えます。 眼科医によっては、イントラレーシック手術の前にカウンセリングを行い、まずはコミュニケーションを図ることから始めるという病院もあります。新宿・名古屋・大阪にある神奈川クリニック眼科はそういった面で定評がありますね。

イントラレーシック手術は、その眼科医によって費用に幅があるので、そちらも眼科医を選ぶ際に調べておくといいでしょう。イントラレーシックを受ける眼科医を選ぶにあたり、通いやすさ・交通費の面を考えると、立地条件も大切になりますが、最新の手術なだけに、県によってはイントラレーシックを行う眼科医が無い場所もあります。 一応調べてみると各地方でクリニックはあるようですが関東、大阪、名古屋以外では十分とは言えないかもしれませんね。

イントラレーシック手術を安心して受けられるクリニック

イントラレーシックを行っている有名なクリニックとして、神奈川クリニック眼科・品川近視クリニック・錦糸眼科・安淵眼科の4つのクリニックがあります。 錦糸眼科は、札幌・東京・名古屋・大阪・福岡と、5都市でイントラレーシックを行っています。では、イントラレーシックを行っているクリニックを比較してみましょう。

神奈川クリニック眼科では、ウェブ限定のクーポンや、期間限定のサービスなどを行っているので、イントラレーシックの手術を受ける際に、利用するといいでしょう。イントラレーシックの手術を受けた後、3年間は無料で保証してくれるサービスもありますし、神奈川クリニック眼科は、安心度でNo.1と言われています。イントラレーシックには高額な費用の負担がかかるので、神奈川クリニック眼科は、金利0%のサービスも行っています。

イントラレーシックを行っている有名なクリニックの中でも、人気No.1なのは品川近視クリニックです。品川近視クリニックでは「トップ・イントラレーシック賞」を3年連続で受賞しています。 トップ・イントラレーシック賞とは、レーシックでも最先端の技術を導入したイントラレーシックの手術症例が世界一であると認められたクリニックだけに与えられる賞です。

品川近視クリニックも、イントラレーシックの手術の後、3年間の保証サービスを行っています。また、適応検査の無料サービスや、割引クーポンなど、期間限定のキャンペーンも行っています。品川近視クリニックも、神奈川クリニック眼科と同じく、患者の費用負担を考え、金利0%のサービスを行っています。スーパーイントラレーシックと表現が微妙に違うのが少々気に入りませんが・・・

技術面でNo.1と言われているクリニックは、錦糸眼科です。錦糸眼科は、2003年に、アジア圏で初めてイントラレーシックを実施した眼科で、屈折異常の専門眼科として平成5年に設立され、多くの屈折治療を行ってきました。その実績は国内最多ですが、院長が手術する場合には、別途20万円の追加負担が必要になります。 販売促進を目的としたようなキャンペーンを一切やっていないのは、噂どおり、技術に自信があるからでしょう。錦糸眼科のホームページには、レーシック手術を受けたタレント、オセロの松嶋尚美さんと院長の対談なども載せられています。

安全性を追求

イントラレーシックとは、レーシックよりももっと安全性を追求した、最新技術です。メガネやコンタクトレンズ(角膜に直接着けて、視力の補正などを行います)が必要であるくなることから、イントラレーシックは特に、スポーツ選手の間で人気があります。角膜にふた状のフラップを作る時、高精度の医療用レーザーをコンピューター制御のもとで使用し作成しますので、イントラレーシックは仕上がりがきれいになりますよ。

レーシックでは、熟練された眼科医が手術を行なわないと、イントラレーシックとは変わりない仕上がりにはなりませんでした。イントラレーシックは、レーシックよりも安全性と精度が高まったことにより、より安全にフラップの作成が行えます。

イントラレーシックは、手術の安全性と制度がさらに高まり、フラップの厚さを一定の薄さに保つ事ができるようになったので、フラップの内面をさらに滑らかな仕上がりにすることができます。イントラレーシック技術が出てきたことにより、矯正精度の向上を期待することができるようになりました。角膜の形状が極端に大きい方にも、イントラレーシックは安全です。

イントラレーシックは、従来の手術よりももっと進歩した手術となっていますので、より多くの方に適応することができ、より安心して手術を受けられます。強度の近視の人や角膜の薄い人にも、裸眼での生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)を手にすることができるという可能性を、イントラレーシックは広げてくれたのです。